絵本で海の魅力伝える いわき・アクアマリン、15日から企画展

 
「絵本すいぞくかん」のイメージ

 アクアマリンふくしまは15日~来年5月7日、いわき市小名浜の同館で企画展「絵本すいぞくかん~アクアマリンふくしま×スイミー~」を開く。絵本の世界を通して海の魅力と自然環境を守る大切さを伝える。

 企画展は、米国の絵本作家レオ・レオニの「スイミー」を題材に、生物の生存戦略や多様性などを紹介する。スカシテンジクダイやイセエビ、ミズクラゲなどを展示。体験コーナーや絵本紹介コーナーを設け、生き物について身近に感じてもらえるようにする。

 イベントに先立ち、2、3の両日午後1~3時、同館でプレイベント「ふわふわクラゲをつくって会場にかざろう」を実施する。レース素材などを使って、企画展会場に飾るクラゲのモチーフを制作する。定員は各日30人。

 また、オープニングイベントとして16日は「水族館のガラスにスイミーの世界をつくろう」、17、18の両日は「スイミーを探せ!」を催す。

 入館料は一般・大学生1850円、高校生以下900円。未就学児無料。問い合わせは同館(電話0246・73・2525)へ。