いわき観光PRに橋本マナミさん 旅行電子雑誌、8月10日から公開

 
温泉神社の境内で撮影に臨んだ橋本さん

 旅行電子雑誌「旅色」を配信するブランジスタメディア(仙台市)は4、5の両日、いわき市の観光をPRする特集を作成するため、タレントの橋本マナミさんを招いて撮影した。8月10日から公開する予定。

 「旅色」は、大人の女性の上質な旅をテーマに2007年に創刊し、現在は月間504万人が利用しているという。今回はいわき市とタイアップした別冊「旅色フォーカル」の企画で、新型コロナ後を見据えた観光PRの一環として実現した。「旅色」が県内を取り上げたのは白河市に次いで2例目という。橋本さんは、いわき湯本温泉をはじめアクアマリンふくしま、三崎公園などを巡った。薄磯海水浴場ではフラダンス体験も行った。

 同市常磐湯本町の温泉神社で撮影を終えた橋本さんは「いわきは初めて訪れたが、海の景色も空気もきれいで、温泉街の香りにも癒やされる」と感想を語った。