旬の魚...水槽スイスイ、アクアマリンに「カツオ」「キハダ」展示

 
アクアマリンふくしまの水槽を泳ぐカツオとキハダの群れ

 アクアマリンふくしまは4日、いわき市小名浜の同館の黒潮水槽にカツオとキハダを搬入した。

 鹿児島県・奄美大島沖で6月下旬に一本釣りで採集され、現地のいけすで育てられたカツオ15匹とキハダ31匹を入れた。7月23日に現地を出発し、活魚運搬トラックで同館まで運んだ。

 採集を担当した同館の藤井健一さん(46)は「2年間コロナの影響で採集に行けなかった。久しぶりに群れで泳ぐ姿などを見てほしい」と話した。

 同館によると、カツオとキハダは長距離移動が難しく、水族館での展示が全国でも少ない。東北地方での常設展示は同館が唯一という。