イルミエールいわき...市内5カ所同時点灯 30万球が冬の街に彩り

 
イルミネーションの点灯が始まったJRいわき駅前

 いわき青年会議所(JC)は3日、いわき市平のJRいわき駅前でイルミネーションイベント「イルミエールいわき」の点灯式を行った。今年は同駅前を含む市内5カ所にイルミネーションを設置。式では、各地を中継で結び「同時点灯」でイベント開始を祝った。

 点灯式には関係者ら約10人が出席。松崎慎弥同JC理事長が、イベントを通して「もっともっといわきの街を好きになってほしい」とあいさつした。中継映像はラトブ壁面の大型ビジョンに映し出され、共催する市内のまちづくり団体の関係者があいさつした。続いて、関係者がボタンを押してイルミネーションを点灯させた。

 イルミネーションはいわき駅前のほか、内郷(新川沿いの桜並木)、草木台(21世紀の森公園)、湯本(JR湯本駅前)、小名浜(アクアマリンパーク)の各地区に設置。全体で発光ダイオード(LED)約30万個が冬の夜空を照らす。

 点灯期間と時間は各会場で異なる。いわき駅前の点灯期間は来年1月9日まで、時間は午後5時~同11時。

 同JCは、設置場所5カ所の周遊を目的に、フォトコンテストとスタンプラリーを行う。いずれも交流サイト(SNS)にイルミネーションなどを撮影した写真を投稿することで応募、参加できる。問い合わせは同JC(電話0246・24・0780)へ。

 いわき駅前以外の点灯期間次の通り。

 草木台=25日まで▽内郷、湯本=来年1月9日まで▽小名浜=来年1月14日まで