【県内】流域22市町村の景観「阿武隈川カード」作製 改修100年記念

 
作製された阿武隈川カード

 阿武隈川の本格的な治水事業が始まり今年で100周年を迎えるため、阿武隈川流域の22市町村(宮城県含む)などは21日、阿武隈川改修100周年事業実行委を設立する。「阿武隈川改修100周年」をPRするため、22市町村の景観をあしらった阿武隈川カードが作製された。

 カードは名刺サイズ。22市町村分で23種(福島市が2種)あり、これから各市町村で配布していく予定。表面は22市町村で撮影された阿武隈川の風光明媚(めいび)な景観の写真。裏面は阿武隈川の水位情報や災害リスクが分かるウェブサイトのQRコードが掲載されている。

 作製した福島河川国道事務所の担当者は「河川の魅力と防災情報をまとめた川カードは全国的に珍しい。流域の22市町村と一体となって阿武隈川の次の100年を考える取り組みを繰り広げたい」としている。