【福島】太陽光電力運用考えよう 10月19日、セミナーなど

 

 住宅用太陽光発電による電力運用について考える「どうなる太陽光発電?考えよう!エネルギーと家」は10月19日午前10時から、福島市のウィル福島アクティおろしまちで開かれる。

 福島民友新聞社などでつくる実行委員会(福島民友新聞社、福島民報社)の主催。日産自動車、福島日産自動車、日産プリンス福島販売、アース、アポロエナジー、フェニーチェほっとリビング、小林、住まいの市場、積水ハウス福島支店、ソーラーポストの協賛。

 再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)による10年間の買い取り期間が11月から順次終了することに合わせ、余剰電力を効率的に運用する方法などを学ぶ。

 午前10時30分、午後1時30分、午後3時30分からの3回、セミナーを開催。県再生可能エネルギー推進センターの黒田研一事務局長、月刊スマートハウス発行人の荒川源さんらが講演する。エネルギー関連事業所によるブース出展なども行われる。

 入場無料。事前申込者を対象に、家電製品が当たる抽選会が開かれる。イベントチラシはこちら(PDF)から。希望者は、こちらの応募フォームまたは、はがきに郵便番号、住所、氏名、電話、参加時間、質問項目の答えを記入し、郵便番号104―0061、東京都中央区銀座2―8―4泰明ビル6階、福島民友新聞社東京支社「どうなる太陽光発電?考えよう!エネルギーと家」係へ。ファクス(03・3563・5388)、メール(energy@minyu.jp)でも受け付ける。
問い合わせは福島民友新聞社東京支社(電話03・3563・5390)へ。