【二本松】大山忠作美術館で「新五星山展」 巨匠5人の日本画展示

 
日本画の巨匠たちが描いた作品に見入る来場者

 大山忠作美術館開館10周年特別企画展「新五星山展」は13日、「新しい日本画を作った人たち」をテーマに二本松市の同美術館で開幕した。来場者が、文化勲章を受けた同市出身の大山忠作をはじめ日本画家の巨匠と呼ばれる5人の作品に見入っている。11月17日まで。

 同展は、大山と共に名前に「山」の文字が入る横山大観、山口蓬春、杉山寧、横山操の作品を展示。大山の代名詞といえる「鯉」シリーズをはじめ、富士山を描いた横山大観の「神国日本」(名都美術館蔵)など各作家の代表作、知られざる名作22点が並ぶ。

 観覧者は5人の画家が個性豊かに描き上げた数々の作品が並ぶ充実した展示内容に驚き、日本の美術界の奥深さを感じていた。

 開館時間は午前9時30分~午後5時(最終入館は同4時30分)。期間中は無休。入場料は一般800円、高校生以下400円。未就学児無料。