【郡山】ホテル華の湯が通常営業再開 「3密」回避策を徹底

 
ロビーにアクリル板を設置するなど対策を取り、通常営業を再開したホテル華の湯

 郡山市の磐梯熱海温泉ホテル華の湯は1日、約1カ月半ぶりに通常営業を再開した。館内の衛生対策と「3密」回避策を徹底し、宿泊客や利用者にも検温やマスク着用などの協力を呼び掛けている。

 再開準備では館内各所に消毒液を設置したほか、脱衣所や部屋での3密対策を徹底した。コンベンションホールは少人数でも利用できるようにした。1日からは、県民限定のプランを導入。今週末から再開予定のビュッフェ会場では、飛沫(ひまつ)防止用のカーテンを付け、料理を小分けにするなど対応を取る。

 同ホテルは新型コロナウイルスの影響で4月13日に営業を休止。5月23日からは土、日曜日に限定して営業を再開したが、宿泊客数は従来の1割未満にとどまるという。

 菅野豊臣常務(46)は「休業以来、再開に向けてグループ4館の安全対策の会議を重ねてきた。業界最高水準の衛生対策と3密対策を目指し、安心して利用していただけるよう努める」と話した。問い合わせは同ホテル(電話024・984・2222)へ。