【国見】道の駅内2飲食店が営業再開 席数減らしアクリル板設置

 
営業を再開した道の駅内の飲食店

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で休業していた国見町の「道の駅国見あつかしの郷」の「レストラン桃花亭」と「ももたんカフェ」が12日、感染防止対策を取り営業を再開した。

 ビュッフェ形式で提供していた料理は、注文した利用者が受け取る形式に変更した。このほか、レストランとカフェの席数を減らして席の間隔を広くしたほか、飛沫(ひまつ)感染防止のため各テーブルにアクリル板を新たに設置した。

 「新しい生活様式」に対応した道の駅に改装し、利用客を迎える準備を整えた。安藤充輝総支配人(50)は「安心して食事をしてもらえるように、感染対策を徹底して運営していく」と話した。