【福島】どぶろくとエビ釣り楽しんで 土湯温泉に醸造所とカフェ

 
テープカットし、土湯温泉の新たな観光名所の誕生を祝う関係者

 福島市の土湯温泉観光協会は8日、温泉街の新たな観光名所として、空き店舗の跡地を活用したどぶろくなどの醸造所「おららの酒BAR・醇醸蔵(じゅんじょうぐら)」とカフェ「おららのコミセ」の2施設をオープンした。

 年内の本格稼働を目指す醸造所は県酒造好適米「夢の香」を使用したどぶろくのほか、地元産のリンゴを使ったシードルを製造し、新たな名産品として売り出す。カフェは、温泉地熱発電所の冷却水を使って養殖した「つちゆ湯愛(ゆめ)エビ」の釣り堀を併設しており、地域の産品を使った食事を楽しみながらエビ釣りを体験できる。

 観光協会の加藤貴之会長と、整備事業を進めてきた元気アップつちゆの加藤勝一社長が「温泉街のにぎわい創出につなげる」とそれぞれあいさつした。亀岡偉民文部科学副大臣(衆院比例東北)、渡辺政嘉東北経済産業局長が祝辞を述べた。

 施設は「湯愛を奏でる土湯温泉の街賑(にぎ)わい創出事業」として整備された。事業費は約1億3000万円で、経済産業省の補助金約8000万円を活用した。