【県内】南東北3県の駅など巡ろう JR東日本、ご当地スタンプラリー

 
スタンプラリーの参加を呼び掛ける3県のご当地キャラクター

 JR東日本仙台支社は23日から、福島、宮城、山形の3県の駅などを回って、ご当地キャラクターのスタンプを集めるスタンプラリーを始める。来年2月23日までで、獲得したスタンプ数に応じ、抽選で3県の地産品などがもらえる。

 参加する際は、スマホで特設サイトにアクセスし、個人ページを開設。3県の15駅と特急・観光列車「とれいゆ つばさ」「フルーティアふくしま」車内に設置されるスタンプパネルに記載した二次元バーコードを読み取り、デジタルスタンプを集める。デジタルスタンプは「キビタン」などのご当地キャラクターをあしらったデザイン。

 全てのスタンプを集めると抽選で30人に電車玩具「プラレール」(タカラトミー)が贈られる。このほか、各県内の駅全てのスタンプを集めると抽選で100人に、南東北3県の産品が贈られる。

 同社は新型コロナウイルス対策をした上で、スタンプラリーを楽しんでもらいたいとしている。