「久米正雄」と世界旅行 郡山・文学の森企画展 写真や資料で紹介

 
久米が体験した世界旅行の貴重な資料を集めた企画展

 郡山市ゆかりの作家久米正雄(1891~1952年)の生誕130年を記念した特別企画展「久米正雄と世界旅行」は9日、同市のこおりやま文学の森資料館で開幕した。昭和初期の2度に渡る久米の世界旅行の様子を知ることができる貴重な資料が展示されている。12月5日まで。

 久米は28(昭和3)年に妻艶子と共に欧州旅行に出かけ、37年には東京日日新聞の特派員として、英国のジョージ6世の戴冠式に出席する皇族に随行している。海外旅行がまだ珍しかった時代に撮影された旅先の雰囲気を醸す写真やパスポート、戴冠式の取材手帳などの資料が並んでいる。

 また、高等学校在学時の12年に盛岡から東京まで徒歩旅行した際の新聞切り抜きの資料なども展示している。

 開館時間は午前10時~午後5時(入館は同4時30分)。入館料は一般200円(団体150円)、高校・大学生100円(同70円)、中学生以下と65歳以上、障害者手帳のある人は無料。問い合わせは同館(電話024・991・7610)へ。