白河の街並みを明るく 白河信金施設彩る 鮮やかイルミネーション

 
街を照らすイルミネーション

 白河信用金庫は25日、白河市の新白信ビルや本部などでイルミネーションを開始した。点灯時間は午後4時30分~同10時で、来年1月中旬まで色鮮やかな電飾が同市の夜を明るく照らす。

 白河の夜の街並みを少しでも明るく照らしたいと15年前からイルミネーションを始めた。イルミネーションが設置されている店舗では計約10万個の電飾が飾られている。

 同日、点灯式が行われ、牧野富雄理事長が「新型コロナで沈んだ気持ちをイルミネーションで明るくしたい」とあいさつ。沖野浩之県南地方振興局長、鵫巣博白河署長らが出席した。

 関係者がスイッチを押すと、色鮮やかな光りがビルを彩った。