光と影に映える桜... ながぬまさくらフォト、優秀作品決まる

 
最優秀賞に輝いた関根さんの作品

 第10回ながぬまさくらフォトコンテストの審査会は18日、須賀川市の長沼保健センターで開かれ、長楽寺のサクラを撮影した関根淳一さん(須賀川市)が最優秀賞に輝いた。福島民友新聞社賞には、藤沼湖のサクラを撮った歌川敏美さん(福島市)が選ばれた。

 長沼観光物産振興協会の主催。同市長沼地区のサクラの名所9カ所で撮影した作品を募集し、34人から計84点の応募があった。赤羽隆会長や地元新聞社の代表らが審査した。
 ほかの受賞者次の通り。

 優秀賞=矢部幸一、大和田純子、鈴木浩二(須賀川)河合好子、鈴木達也(白河)熊田行雄(鏡石)遠藤宗徳、坂本礼三(福島)佐藤弘(西郷)▽福島民報社賞=小田島守明(郡山)▽マメタイムス社賞=鈴木浩二(須賀川)▽阿武隈時報社賞=矢部幸一(須賀川)

220523nk-topic4.jpg                     福島民友新聞社賞の歌川さんの作品