光と影が生み出す作品の世界 郡山市立美術館「魔法の美術館」

 
自分の影が7色の光として映し出される作品

 郡山市立美術館は8月28日まで同館で企画展「魔法の美術館」を開いており、来場者が光と影が生み出す作品の世界を楽しんでいる。

 「光と遊ぶ超体験型ミュージアム」をテーマに、藤本直明さんらアーティスト6組の作品が並ぶ。見たり、触れたり、遊んだりしながら作品を楽しむ内容となっている。

 会場には自分の影が壁面に映し出され、作品の一部となる展示物をはじめ、人の動きに合わせて光の模様が作り出される作品、展示しているオブジェに光を当てると名画の影が浮かび上がる作品などが展示されている。問い合わせは同美術館(電話024・956・2200)へ。