「郡山うねめまつり」4日開幕 6日まで多彩なイベント

 

 郡山市の夏の風物詩「第58回郡山うねめまつり」は4~6日、同市で開かれる。5、6の両日はJR郡山駅前で、メイン行事の「うねめ踊り流し」が3年ぶりに行われるなど多彩なイベントが開催される。

 期間中のイベントスケジュールは【表】の通り。2日間にわたり踊り流しと表彰式を行う。4日のうねめ供養祭などは関係者のみで実施する。

 駅前大通りと西口広場の2会場で行われる「まちなかパフォーマンスステージ」では、「全国高校生太鼓甲子園」で日本一となった帝京安積和太鼓部の演奏や、郡山鳶土木建設業組合の梯子(はしご)演舞、泉田きもの学院の着物ドレスパフォーマンスなどが予定されている。

 スケジュールや参加団体は公式ホームページでも確認できる。問い合わせは実行委員会事務局の郡山商工会議所開発事業部(電話024・921・2610)へ。

 「2イベント楽しんで」 ミスうねめ来場呼びかけ 

 第58代ミスうねめの西村優花さんは2日、郡山うねめまつりと、ビール祭「サマーフェスタ2022(11~13日)」の開催に向けて「多くの人に来場してほしい」と呼びかけた。

 うねめまつりのメイン行事「うねめ踊り流し」とビール祭の開催はいずれも3年ぶり。ビール祭は会場を開成山公園からJR郡山駅前に移して初めて開かれる。新型コロナウイルス感染対策を徹底した上で、郡山市内の飲食店60店以上が出店する。

 西村さんは「夏らしさを感じられるうねめまつり、さまざまな飲食店が並ぶビール祭を楽しんでほしい」と笑顔を見せた。郡山商工会議所総務課の馬場美聡主事が同席した。

 プレミアム付き前売り券を販売 

 ビール祭の実行委員会は、プレミアム付きの前売り券を郡山市内の4カ所で販売している。千円で1200円分の飲食が楽しめる。うすい百貨店5階プレイガイド、市観光協会、まざっせプラザ、郡山商工会議所で購入できる。飲食は完全チケット制で、ビールは各店舗共通500円。チケットは当日券も販売する。
 問い合わせは実行委事務局の郡山商議所総務課(電話024・921・2600)へ。

220804naka701-2.jpg

うねめまつりとビール祭をPRする西村さん(左)と馬場さん