県南の温泉に「全員集合」 スタンプラリー開始、抽選で特産品

 
浴衣をまとい県南地域の温泉などをPRする9市町村の首長=30日午後、西郷村・五峰荘

 ふくしま県南観光推進協議会は30日、県南9市町村の温泉を巡り、各地の魅力を味わうスタンプラリー「入ってくれてありが湯(とう)」を開始した。

 スタンプラリーは、県南9市町村の温泉施設と観光スポット計24カ所で行われ、スタンプ2個を1口として応募すると白河高原清流豚満喫セットなど、各市町村の特産品などが計50人に当たる抽選に参加できる。応募数に限りはないが、スタンプ2個のうち、一つは温泉スタンプが必要となる。

 同日、西郷村の新甲子温泉五峰荘でPRイベントが行われた。イベントには、鈴木和夫白河市長ら9市町村の首長が勢ぞろいし、テレビ番組「8時だョ!全員集合」などで人気を集めた「ザ・ドリフターズ」を模した「県南ドリフターズ」として登場。浴衣姿で「露天風呂だよ、全員集合」などと、スタンプラリーの開始をPRした。

 鈴木市長は「温泉につかりながら県南地域を楽しんでほしい」と参加を呼びかけ、会場となった五峰荘女将(おかみ)の有賀圭子さん(47)は「スタンプラリーを通して9市町村の魅力に触れてほしい」と語った。

 スタンプラリーは12月16日まで。白河、西郷、矢吹、泉崎、中島、棚倉、塙、矢祭、鮫川の各市町村の15温泉と九つの観光スポットが対象となる。問い合わせは同協議会(電話0248・22・1111)へ。