稲刈り後でも「田んぼアート」 鏡石、LEDでキラキラ...光の絵

 
田んぼに広がるきらきらアート

 鏡石町の「田んぼアート」を光で彩る「きらきらアート」が町図書館北側の水田で行われている。本年度のテーマ「唱歌"牧場の朝"のまち」の絵柄が発行ダイオード(LED)の光で浮かび上がり、同町の夜を幻想的に彩っている。来年1月8日まで。

 町の農業団体などでつくる実行委と町商工会が協力して実施。稲刈り後の田んぼにLEDと太陽光電池が入ったペットボトル約7千本で絵柄を描いた。町図書館4階展望室で観覧できる。

 時間は午後4時半~同7時。祝日を除く月曜日と今月29日~来年1月4日は休館。問い合わせは実行委事務局の町産業課(電話0248・62・2118)へ。