イベント

県内で開催されるイベントや催し情報を紹介します。

主催事業

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

 第1回印象派展から150周年を迎える2024年、印象派がヨーロッパやアメリカへもたらした衝撃と影響をたどる展覧会を開催します。19世紀後半、大都市パリには国外からも多くの画家が集いました。パリで印象派に触れ、学んだ画家たちは、新しい絵画の表現手法を自国へ持ち帰ります。本展は、西洋美術の伝統を覆した印象派の革新性とその広がり、とりわけアメリカ各地で展開した印象派の諸相に注目します。

 アメリカ・ボストン近郊に位置するウスター美術館は、1898年の開館当初から印象派の作品を積極的に収集してきました。このたび、ほとんどが初来日となる同館の印象派コレクションを中心に、日本でもよく知られるモネ、ルノワールなどフランスの印象派に加え、ドイツや北欧の作家、国際的に活動したサージェント、さらにはアメリカの印象派を代表するハッサムらの作品が一堂に会します。これまで日本で紹介される機会の少なかった、知られざるアメリカ印象派の魅力に触れていただく貴重な機会です。

会期 2024年4月20日(土)~6月23日(日)
会場 郡山市立美術館
主催 印象派展実行委員会(郡山市立美術館/福島中央テレビ/福島民友新聞社)
チケット 一般1,500円(1300円)
高・大・専門学校/65歳以上 1,000円(800円)
※( )内は前売り料金、20名以上の団体料金。
中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方は無料

詳しくは特設サイトへ

花いっぱいコンクール

 福島民友新聞社、福島県森林・林業・緑化協会、農林中央金庫福島支店は、花を愛する心と豊かな情操を育み“郷土を花と緑で飾ろう”という趣旨のもと、「福島県花いっぱい県民運動」を提唱してきました。

 本年も「第57回花いっぱいコンクール」を開催します。震災からの復興と緑あふれる潤いのある暮らしを送るため、皆さまのご参加をお願いします。

 さらに、本コンクールにおいて優秀な成績を収めた団体は、「全国花のまちづくりコンクール」に推薦いたします。

対象 県内各学校、幼稚園、保育所、事業所、町内会などのグループ、団体
※個人での参加はできません
参加要領 規定の応募用紙に必要事項をご記入の上、メールやFAX、郵送で福島民友新聞社にお申し込みください。
お申し込みは無料。申し込まれた団体には花の種子を無償で送付します。

 応募用紙(PDF)


 応募用紙(ワード)

応募締め切り 2024年5月31日(金)
審査・活動記録の提出について 現地審査(7月~9月上旬)を通過した団体は、本審査(10月下旬~11月上旬)の資料として「活動記録」を提出していただきます。
※日頃より花壇の撮影、活動の記録をお願いいたします。

所定の用紙はダウンロードしてください。

 活動記録(PDF)


 活動記録(ワード)

申し込み・問い合わせ先 福島民友新聞社営業局事業部「花いっぱいコンクール」係
〒960-8648(住所不要)
電 話024(523)1334
FAX024(523)1634
メールアドレス jigyo@minyu-net.com

詳細はコチラ→ 募集要項(PDF)

檜枝岐歌舞伎福島公演

 2025年に福島民友新聞創刊130周年を迎えるのに合わせ、プレ記念事業として檜枝岐歌舞伎福島公演を実施します。檜枝岐歌舞伎は、村民が江戸で見た歌舞伎を見よう見まねで伝えたことが始まりとされています。檜枝岐歌舞伎には現在11の演目があり、村内の国指定重要有形民俗文化財「檜枝岐の舞台」で年3回程度上演します。

 檜枝岐歌舞伎は、創設100年を超える伝承団体「千葉之家花駒座」が「イチ口上、ニ眼、サン振り」を基本に、古典のままの歌舞伎の振りを村民を中心に長く受け継ぎ、伝統文化の維持・継承に取り組んでいます。貴重な村外公演をきっかけに、多くの人が檜枝岐歌舞伎の歴史と美しさ、面白さに触れるともに、檜枝岐村や奥会津地方の魅力を感じる契機にしたいと考えています。

 また、同日開催イベントとして、奥会津のPRイベントを実施します。



※終了しました。たくさんのご来場、ありがとうございました。

開催日 2024年5月18日(土)
場所 キョウワグループ・テルサホール
演目 義経千本桜 鳥居前の場
出演 千葉之家花駒座
上演 ・午前の部 午前10時開演(開場午前9時30分)

・午後の部 午後2時開演(開場午後1時30分)
定員 各部450人
入場料 一般3000円、高校生以下2000円(全席自由)
※奥会津PRイベントで使えるお買い物券(300円分)付き
主催 福島民友新聞社
共催 公益財団法人福島市振興公社
特別協力 NTT東日本福島支店
協力 檜枝岐村
問い合わせ 福島民友新聞社営業局事業部 電話:024(523)1334(平日午前10時~午後5時)

チラシはこちら

うつくしま・みずウオーク

 昔から人々の生活を支えてきた自然豊かな川と湖沼とその周辺を舞台に、水辺の自然にふれながら人気のウオーキングを楽しもうという催しです。川面・湖水などを渡る心地よい風に吹かれながら、ご家族そろってお楽しみ下さい。

日程が決まり次第お知らせします。

赤べこの里・やないづ大会 6月1日(土)
きたしおばら大会in裏磐梯
三春大会
源流の郷・西郷大会

花ウオーク

※予約受け付けは終了しました。

 福島市の花の名所、花見山や阿武隈川の河畔などを歩く「2024ふくしま花ウオーク」を4月6日(土)に開催します。

開催日程 4月6日(土)
受け付け後随時スタートとなります。開会式は行いません。
①午前8時30分~9時 11キロ(1回目)
②午前9時~9時30分 11キロ(2回目)・6キロ(1回目)
③午前9時30分~10時 11キロ(3回目)・6キロ(2回目)
   (抽選会)
午後1時30分 最終フィニッシュ
発着会場 福島市まちなか広場
コース 6キロコース
まちなか広場~阿武隈川サイクリングロード~渡利大橋~阿武隈川サイクリングロード~大仏橋~県庁裏~天神橋袂~旧国道4号線~まちなか広場

11キロコース
まちなか広場~阿武隈川サイクリングロード~渡利大橋~花見山~阿武隈川サイクリングロード~大仏橋~県庁裏~天神橋袂~旧国道4号線~まちなか広場
参加料 事前申込 大人600円(高校生以上)、民友ゆうゆう倶楽部会員500円、中学生以下無料
定員 先着1000人(6キロ・11キロコース合計。定員になり次第締め切ります)
申し込み方法 ①ウェブサイト
ページ下のボタンをクリックすると応募フォームにアクセスできます

②往復はがき
〈往信・おもて〉「〒960-8648(住所不要)福島民友新聞社事業部「ふくしま花ウオーク」係
〈往信・うら〉代表者の氏名・住所・年齢・電話番号、参加者全員の氏名、民友ゆうゆう倶楽部会員の方は会員番号、希望するコース、希望する受付時間(混雑を避けるために6キロは第2希望まで、11キロは第3希望まで記載してください。申し込みが多い受付時間は調整します)
〈返信・おもて〉代表者の氏名・郵便番号、住所
〈返信・うら〉白紙(連絡事項を記載の上、返送します)
駐車場 用意はありませんので公共交通機関か近隣の有料駐車場をご利用ください
問い合わせ 福島民友新聞社営業局事業部
〒960-8648 福島県福島市柳町4-29
電話:024(523)1334 FAX:024(523)1634
(平日午前10:00~午後5:00)
主催 実湧満彩ふくしま路ウオーキング運営委員会(ふくしま吾妻荒川・花見山ツーデーマーチ実行委員会、ふくしま花ウォーク実行委員会)
共催 福島市、福島民友新聞社、福島商工会議所、NPO法人福島県ウオーキング協会、一般社団法人福島市観光コンベンション協会、福島市旅館ホテル協同組合、公益社団法人福島青年会議所、飯坂温泉観光協会、土湯温泉観光協会、高湯温泉観光協会、一般社団法人日本ウオーキング協会、一般社団法人日本市民スポーツ連盟

(1)8:30スタート_11キロ

(2)9:00スタート_11キロ

(2)9:00スタート_6キロ

(3)9:30スタート_11キロ

(3)9:30スタート_6キロ

チラシはこちら

郡山カップ福島県フットサル

第18回福島県フットサル選手権大会

1次ラウンド 開催地/県内各地
2次ラウンド 2024年2月10日、11日、12日、17日、18日
開催地/郡山市

■詳しくは大会ホームページへ

ふくしま元気UPプロジェクト

 2011年、東京電力福島第1原発事故の影響で県内の子供たちの体力・運動能力は著しく低下しました。福島県と福島民友新聞社は、この状況を改善するため、2014年から「ふくしま元気UPプロジェクト」を開始し、子供の運動能力向上のためのイベントを開催してきました。

 プロジェクトが始まった2014年に比べると、子どもたちの屋外運動、外遊びの制限や避難生活などの状況は改善されてきました。

 スポーツ庁が2022年12月に発表した「2022年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査(全国体力テスト)」の結果では、「小学校5年生女子」「中学校2年生男子」が全国平均を上回る結果を示し、これまでの事業の成果が徐々に現れてきています。

 小学校5年女子は全国平均より0.9ポイント高い55.22点、中学校2年男子は41.07点でいずれも全国平均を上回りました。小学校5年女子は7年連続、中学校2年男子は2年連続で全国平均を超えました。小学校5年生男子、中学校2年生女子については、全国平均を下回る結果となりましたが、全国との差は少しずつながらも縮小傾向にあります。

 この傾向をより確かなものとしていくため、これまでの取り組みを強化・継続して、県内の子供たちに定着させていくことが重要だと考えて、下記日程にて親子イベントとセミナーを開催します。

※終了しました。たくさんの応募、参加ありがとうございました。

ふくしま元気UPプロジェクト2023・親子イベント
南相馬 2024年1月21日(日)10:00~12:30 サンライフ南相馬
いわき 2024年2月11日(日)10:00~12:30 いわき市平体育館

▶元気UPプロジェクト2023「イベントin南相馬」

応募フォームはこちら→ お申し込み

メールでの応募はこちら→ お申し込み

▶元気UPプロジェクト2023「イベントinいわき」

応募フォームはこちら→ お申し込み

メールでの応募はこちら→ お申し込み

※イベントのチラシ(PDF)をご確認のうえ、お申し込みください。 チラシ

ふくしまっこ育成セミナー(幼児教育関係向け)
いわき 2023年11月23日(木・祝)13:30~16:50 いわき市平体育館
いわき 2024年2月10日(土)13:30~16:50 九品寺こども園

▶ふくしまっこ育成セミナー(いわき市平体育館)

応募フォームはこちら→ お申し込み

▶ふくしまっこ育成セミナー(九品寺こども園)

応募フォームはこちら→ お申し込み

メールでの応募はこちら(両日とも)

お申し込み

※セミナーのチラシ(PDF)をご確認のうえ、お申し込みください。 チラシ

taisou

とりどりの音楽祭

 「障がいの有無にかかわらずアートに親しむ機会づくり」をテーマに活動を続けている「とりどりのアート」実行委員会は3月3日、福島市のとうほう・みんなの文化センター小ホールで「とりどりの音楽祭」を開きます。

 出演するのは、かしわ哲さん(NHK「おかあさんといっしょ」5代目うたのお兄さん)がリーダーを務める「サルサガムテープ」、上々颱風(しゃんしゃんたいふ~ん)のボーカリストとして活動してきた白崎映美さんを中心としたバンド「白崎映美&東北6県ろ~るショー!!」、第一線で活躍する若手アーティストを多数輩出している「DANCE STUDIO ViVid(ダンススタジオ ビビッド)」(福島市)、笛と太鼓で福島わらじまつりを盛り上げている「福響座組(ふくおんざぐみ)」。

 迫力の演奏とパフォーマンスで、誰もが楽しめる「音のお祭り」を演出します。

※募集終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

開催日時 2024年3月3日(日) 14時30分開場、15時開演(17時閉幕予定)
会場 とうほう・みんなの文化センター(福島県文化センター)
住所:福島市春日町5-54 電話:024・534・9191
出演 サルサガムテープ、白崎映美&東北6県ろ~るショー!!、「DANCE STUDIO ViVid(ダンススタジオ ビビッド)」、福島わらじまつり福響座組(ふくおんざぐみ)
主催 とりどりのアート実行委員会(福島民友新聞社、福島県、社会福祉法人安積愛育園、福島中央テレビ、福島県教育委員会、公益財団法人福島県文化振興財団)
チケット料 入場無料
参加申し込み方法 下の申し込みフォームからお申し込みください。一件につき4人までお申し込み可能です。
締め切り 2月27日(火)。先着順とさせていただきます。
問い合わせ 福島民友新聞社事業部(電話024・523・1334。平日午前10時~午後5時)

創刊125周年記念切手「Yell from Fukushima」販売

 福島民友新聞は2020年、創刊125周年を迎えました。
 2020年は、福島市出身の作曲家・古関裕而氏をモデルとしたNHK朝の連続テレビ小説「エール」が放送され、日本全国に心のこもった応援を送っています。
 福島民友新聞では、温かなエールを送り続けた古関氏をはじめ、作詞家・野村俊夫氏(福島民友新聞社に大正14年から昭和6年まで記者として勤務)と歌手・伊藤久男氏の在りし日の姿を記念切手にし、販売しています。

販売開始日 2020年8月1日から(売切れ次第販売終了します)
販 売 所 福島民友新聞社本社事業局・郡山総支社・いわき支社・若松支社、福島民友新聞販売店、福島市役所売店、古関裕而記念館
ネット販売 メールにて、住所・お名前・電話番号・申し込み枚数を明記のうえ、申し込みください
お支払い 切手代金1,600円(1枚)と郵送料金120円=1,720円をお振込みください(1枚申し込みの場合)
※振込み手数料はご負担ください
※2枚以上申し込みの場合の郵送料金は140円です
※8枚以上申し込みの場合の郵送料金は210円です
※入金確認後、郵送します
お振込み先 東邦銀行本店営業部 普通 3812873
福島民友新聞株式会社
お問い合わせ 福島民友新聞事業局
電話(024)523-1334

読売・民友写真クラブ

 アマチュアカメラマンが集う写真クラブ「読売民友写真クラブ」(YMPC)が、2008年4月に誕生しました。全国組織として「読売写真クラブ」(YPC)があります。初心者から上級者までを対象に写真技術の向上と会員相互の親睦を深めることを目的として、楽しく活動するクラブです。