【2024新戦力】五十嵐 聖己 DF 背番号32 / 運動量抜群の守備 

 
いがらし・せな 郡山市出身。桑野小、郡山六中、尚志高卒。桐蔭横浜大在学。趣味はドライブと筋トレ。身長177センチ、体重75キロ。

 DFラインで複数のポジションをこなす大学4年の22歳。3月に特別指定選手として加入すると即座にJデビューし、第4節から直近のリーグ戦まで全13試合にフル出場中。主力の座をがっちりとつかんでいる。

 田村雄三監督が絶賛するのは「プロ向き」というその性格。「物おじせず、向上心がある。目標から逆算し、やるべきことを毎日必死にやる。失点に絡むミスもあったが、それで今があると思っている」とプロ意識の高さをたたえる。

 対人守備の強さが特徴で、豊富な運動量を生かした攻撃参加も魅力だ。欧州五大リーグでのプレーが目標で、「武器とする対人守備で勝負してみたい」と夢見る。

 幼稚園児の頃にサッカーを始めた。モーグルスキーのための体力づくりが目的だったが、次第にのめり込んでいったという。姉の彩佳さんは、スキーのワールドカップ女子日本代表に選ばれたことがあるジャンプの選手(ガスワン所属)だ。

 右サイドでコンビを組むことが多いMF加瀬直輝は尚志高時代の2学年先輩。焼き肉に連れて行ってもらったことがあるという。その際に五十嵐が食べ過ぎて「直輝くんが会計を見てびっくりしていた」と笑う。