いわきFC、新スタジアム8000~1万人規模 整備計画で大倉社長

 

 サッカーJ2のいわきFCを運営するいわきスポーツクラブ(SC)の大倉智社長は21日、整備計画の検討を進めている新スタジアムの規模について「8000人から1万人くらい」が入る規模が適当との考えを示した。予算については「100億円前後はかかるかなと思う」と語った。同SCは来年6月までにスタジアムの具体的な整備計画を策定する。

 いわき市で開かれたいわき経済同友会の例会で語った。大倉社長は新スタジアムについて「みんなが常に行きやすくて、試合がない時でも行ける場所じゃないと駄目かなと思う」とも述べた。