トップ選手と楽しく運動教室、いわきFC 子どもたちと交流

 
いわきFCの選手と体を動かす子どもたち

 サッカーJ2のいわきFCを運営するいわきスポーツクラブ(SC)は6日、いわき市のいわきFCフィールドで運動教室「いわきスポーツアスレチックアカデミー(ISAA)」を開き、子どもたちが選手たちと楽しく体を動かした。

 年中~年長、小学1~3年生、小学4~6年生の三つのクラスに分かれて実施。子どもたちとトップチームの12人の選手が参加した。

 年中~年長クラスには約30人の子どもと、DF五十嵐聖己(せな)選手、MF大迫塁選手、FWの近藤慶一選手、ブワニカ啓太選手の4人が参加した。子どもたちは選手とビブスを引っ張り合ったり、ボールを蹴ったりしながら体を動かして交流した。参加したいわき市の坂本清成ちゃん(4)は「試合で見るかっこいい選手とボールを蹴ることができて楽しかった」と話した。