建屋からの湯気、窒素ガスが変化 福島第1原発3号機

 

 福島第1原発3号機の原子炉建屋の5階中央部から上った湯気は8月7日に確認されて以降、「現在まで発生していない」(東電)。

 湯気は、水素爆発を防ぐため原子炉格納容器に注入した窒素ガスが温度や湿度の条件により湯気になるとみられる。今後も発生する可能性がある。

 格納容器内には水素爆発当時の放射性セシウムなどが残留、東電は監視と周辺の線量測定を継続する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席