甲状腺の「しこり」良性も

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県内で行われている甲状腺超音波検査では現在、主に「嚢胞(のうほう)」と呼ばれる液体の溜(た)まりと、「結節」と呼ばれる「できもの・しこり」の有無が調べられています。

 「嚢胞」は時間とともに出たり消えたりする甲状腺ホルモンの材料の溜まりであり、がんの前ぶれの状態では決してありません。では「『結節(しこり)』=『がん』なのか?」というと、そうでもありません。

 確かに「がん」と判明する場合はありますが、良性のしこりも多く、年を経ても大きさが変わらない、または小さくなったりすることさえあります。

 生まれつき、胸腺という別の場所にあるはずの臓器が甲状腺の中に入り込んでいる方がおり、超音波検査で、甲状腺にしこりがあるように見えてしまう場合もあります。いずれにせよ結節(しこり)があるからすぐに「がん」であると考えることはありません。大きさと超音波検査の見た目で、精密検査に進むかが決められます。