【コラム】WALK TO THE DREAM-37 東北社会人L1部

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 いわきスポーツクラブ・大倉智社長

 ◆18戦勝ち抜く戦い方を 

 4月14日のコバルトーレ女川戦で東北社会人リーグ1部が開幕した。10月まで半年にわたる長丁場で、簡単な試合はない。難しい戦いが続くと覚悟している。

 初戦の女川戦は、東日本大震災の被災地チーム同士ということで復興支援マッチという位置付けだった。宮城県女川町を訪れたのは初めてだったが、すり身汁などご当地メニューがふんだんに準備されており、そのホスピタリティーの高さに驚かされた。両チームとも多くのサポーターに来場していただき、大変盛り上がった開幕戦となった。

 女川は昨シーズン、日本フットボールリーグ(JFL)に所属していた強豪チーム。結果的には勝ったが、「勝たなきゃいけない」という意識を選手たちが持ち過ぎていたせいか、やりたいサッカーを今ひとつ表現しきれなかった。このリーグは甘くない。レベルの高い試合をしっかり勝ち抜くことが求められる。

 女川に並ぶ強豪として、昨年、同リーグで全勝優勝したブランデュー弘前FCもいわきFCの前に立ちはだかるチームだ。内藤就行監督は、J1鹿島アントラーズの黄金期に貢献した右のサイドバック。私も現役時代、同じピッチで戦った覚えがある名選手だ。19日に行われた第2戦で対戦したが、参戦したリーグ戦で初のスコアレスドローという結果となった。われわれには挑戦し続ける義務がある。次戦、また頑張りたい。

 リーグ戦は全18試合。途中に全社などもあるため、年間を通した戦い方が求められる。年間スケジュールを俯瞰(ふかん)し、選手のフィジカル強化の時期も設定しつつ、ポイントとなるゲームを勝ち抜いていく。今季のテーマは「勝利への執念」。勝利へのプロセスを大事に、よりスピーディーな魂の息吹くフットボールにこだわっていきたい。 

 おおくら・さとし 川崎市出身。早大商学部卒。現役時はJリーグの柏レイソルやジュビロ磐田などでFWで活躍。引退後はセレッソ大阪チーム統括ディレクター、湘南ベルマーレGM、社長などを歴任し、2015年12月から現職。50歳。