• X
  • facebook
  • line

『どこいこ』おでかけスポット情報(7月19日~)

07/19 11:00

【おことわり】イベントは変更になる場合があります。詳しくは主催者や会場に確認してください。

【話題の場所】

■いわきおどりなこそ大会 20日

240719dokoiko15年前に開催した大会の様子

 JR植田駅前うえだパティオ通り。大会が開かれるのは新型コロナウイルス感染症の影響で5年ぶり。午前11時から歩行者天国を実施し、午後5時から2部制で踊りが始まる。法被に身を包んだ22団体1290人が出場し、いわきの夏の始まりを盛り上げる。出店も並ぶ予定。駐車場として、植田小のグラウンドを開放する。踊りの時間は第1部が午後5時~、第2部が午後6時20分~の各1時間。問い合わせはなこそ夏まつり実行委員会(電話)0246・63・6521

【中通り】

■ヒロシマ原爆・平和展 開催中

 郡山市のけんしん郡山文化センター。広島平和記念資料館所蔵の被爆資料や原爆被災写真パネル、広島の市民や高校生が描いた原爆の絵などを展示。被爆前から復興までの様子を仮想現実(VR)で体験するコーナーを広島県外で初めて設置する。午前9時~午後5時。31日まで。郡山、広島両市と平和を考える市民の集い実行委員会の主催。問い合わせは郡山市総務法務課(電話)024・924・2031

■とうもろこし巨大迷路2024 開催中

240719dokoiko2

 鏡石町の岩瀬牧場。9月下旬ごろまで。全長約2キロ、広さ約1.2ヘクタールの大きさを誇る東北最大級の巨大迷路。迷路を彩る風鈴やメロディーパイプコーナーを設けるなど、工夫を凝らしている。金、土曜日の閉園後を中心にナイトツアーも開催する。

 通常の迷路は午前9時~午後3時で、参加料300円(水500ミリリットルと記念うちわ付き)。牧場の入場料が別途必要で、中学生以上500円、小学生以下300円、3歳未満無料。ナイトツアーは入場無料で、時間は午後6時30分~同8時30分。問い合わせは同牧場(電話)0248・62・6789

■高知・愛媛フェア 開催中

 福島空港ターミナルビル1階のふくしま逸品堂。9月1日まで。高知県のカツオのたたきや坂本龍馬グッズ、愛媛県の宇和島じゃこ天や今治タオルなど両県の特産品を販売。時間は午前7時~午後6時。問い合わせは福島空港ビル(電話)0247・57・1511

■日常市満草(みちくさ) 20日

 国見町の学びの複合施設「アカリ」。会場には漢方茶やハーブティー、酵母スコーン、アイスクリームなど6ブースが並び、アロマセラピーなどのワークショップも展開する。駐車場は同施設のほか、町観月台文化センター、JR藤田駅周辺のパーキングエリアを利用する。午前11時~午後4時。入場無料。問い合わせは町企画調整課(電話)024・585・2217

■保原町文化財保存会研修講座「石那坂の戦いはどこか・3」 20日

 伊達市保原町の保原中央交流館。保原町文化財保存会副会長の佐藤忠夫さんが「吾妻鏡から読み解く」を演題に、石那坂の戦いについて、奥州合戦の全体像から戦いについて推考する。

 時間は午後1時30分から。参加無料。事前予約不要。問い合わせは同保存会の八巻卓夫会長(電話)090・2849・1887

■夜の民家園 20日

240719dokoiko3幻想的な雰囲気を楽しむ来場者(昨年の様子)

 福島市民家園。各古民家を竹灯籠などでライトアップし、日中では味わえない幻想的な風景を楽しめる。織物体験や縁日コーナー、昔話のお話会などのイベントも用意している。入場無料。時間は午後3時~同9時。古民家のライトアップは同6時ごろから。問い合わせは同園(電話)024・593・5249

■星と自然の浄土平まつり2024 20日~8月25日

240719dokoiko4ヨガをしながら大自然を満喫した参加者(昨年の様子)

 福島市の浄土平地区。天文台、ビジターセンター、レストハウスでさまざまなイベントやワークショップを開催する。夜間の星空観察会や天体望遠鏡製作教室、星景写真展、フラダンスショーなどを予定している。開催日時、参加費などはそれぞれ異なる。問い合わせは事務局の市観光交流推進室(電話)024・525・3722

■「武器のひみつ―二本松市コレクション展」 20日~9月8日

 二本松市のにほんまつ城報館二本松歴史館企画展示室。午前9時~午後5時。入館無料。二本松に収蔵されているえりすぐりの武具たちを、その歴史的背景を交えて分かりやすく紹介する。問い合わせは同館(電話)0243・22・3220

■夏まつりマルシェ 21日

240719dokoiko5にぎやかに繰り広げられたマルシェ(昨年の様子)

 二本松市の東和文化センター駐車場とすぱーく東和。午後3時~同8時。入場無料。午後6時30分から盆踊りを実施する。会場では焼きそばやかき氷、フランクフルトなどの露店が出店する。問い合わせは主催のとうわつながるマルシェ事務局(電話)0243・24・1650

■FTVジュニアオーケストラ&白河市コミネス交響楽団ジュニアアンサンブルジョイントコンサート 21日

 白河市の白河文化交流館コミネス。両団体のジュニアメンバーによる華やかで迫力あふれる演奏が繰り広げられる。入場料500円(未就学児無料)。開場は午後1時30分。開演は同2時。問い合わせはFTVジュニアオーケストラ事務局(電話)024・536・8041、チケット販売は同交流館(電話)0248・23・5300

【会津】

■山河のしつらえ 心の原風景 開催中

 会津若松市中町の福西本店。23日まで。会津ゆかりの画家の湯田玉水や猪巻清明、佐竹永海、佐竹永陵らの掛け軸約20点が並ぶ。午前10時~午後5時(最終入館は同4時30分)。一般500円、中学・高校生200円、小学生100円。問い合わせは福西本店(電話)090・9422・2924

■にしあいづまちなか美術展 開催中

 西会津町の西会津国際芸術村。マティス、ミレー、ミロなど世界的に有名な画家の版画作品約60点を展示している。26日からは同町野沢の旧川口屋タンス店1階でピカソ、ルノワールなどの版画作品24点を展示する。作品はいずれも3月に同町出身の伊藤善創さんが西会津町に寄贈した。

 両会場とも9月1日まで。芸術村会場は午前10時~午後5時。月、火曜日休館。旧川口屋タンス店の会場は金、土、日曜日のみ開館。午前10時~午後3時。両会場ともお盆期間は開館する。問い合わせは西会津国際芸術村(電話)0241・47・3200

■からむし織の里フェア 20日

 昭和村の道の駅からむし織の里しょうわ。国の伝統工芸品に指定されている「奥会津昭和からむし織」のからむし引きや糸作りなどの実演を行う。からむし織の着物ショーや只見町出身の歌手・大竹涼華さんのステージなども繰り広げる。当日は午前10時開会。問い合わせは村観光協会(電話)0241・57・3700

■第9回あいづ歌謡音楽祭 21日

 会津若松市文化センター。同市の歌謡教室「あいづ歌謡」の生徒ら約100人が出演し、自慢の歌声を響かせる。演歌や懐かしの名曲などを披露する。時間は午前9時30分~午後6時。入場無料。問い合わせはあいづ歌謡の中村紘子会長(電話)080・6040・5245

【浜通り】

■フィンランドのライフスタイル 暮らしを豊かにするデザイン 開催中

240719dokoiko6

 いわき市立美術館。8月18日まで。福島民友新聞創刊130周年プレ記念事業の一環。シンプルで機能的、かつ温かみのあるフィンランドのデザインに触れる。名作家具や人気を誇る陶器、ポップなデザインのガラス製品などを展示し、フィンランドデザインの歩みを知る。

 開館時間は午前9時30分~午後5時。観覧料は一般1200円、高校・高専・大学生800円、小・中学生400円。月曜日休館(8月12日は開館)。問い合わせは同館(電話)0246・25・1111

■第384回市民講座 20日

 いわき市生涯学習プラザ。会員の中山雅弘さんが「磐城平城本丸御殿跡の発掘調査」と題し、本丸跡で行われた発掘調査の成果を紹介する。時間は午後2時~同3時30分。聴講無料。事前申し込み不要。問い合わせは事務局(電話)0246・34・7871

■第4回海風マルシェ 21日

240719dokoiko7親子でにぎわった会場(昨年の様子)

 いわき市の四倉諏訪神社。ハンドメード雑貨や多彩なワークショップ、おいしい食べ物など約20店が並ぶ。海風を感じる境内で、大人から子どもまで楽しめる企画となっている。時間は午前10時~午後3時。詳細は同神社の公式SNSで情報発信している。問い合わせは同神社社務所(電話)0246・32・2485

■ひがし地区夏まつり 21日

240719dokoiko8じゃんけんゲームを楽しむ来場者(昨年の様子)

 南相馬市原町区の道の駅南相馬。九曜太鼓やフラダンス披露のほか、射的やスーパーボールすくいなど多彩なイベントを行う。午後4時からは、野菜やうどんの販売を行う。午後7時10分からは、盆踊り抽選会が開かれる。午後3時30分~同7時30分。問い合わせはひがし生涯学習センター(電話)0244・24・1490

この記事をSNSで伝える:

  • X
  • facebook
  • line