会社概要

社名 福島民友新聞社
創立 明治28年5月20日
代表取締役
社長
五阿弥宏安
資本金 1億円
本社所在地 〒960-8648 
福島市柳町4-29
電話 TEL
(024)523-1191(代表) 
FAX
(024)523-2605
従業員 229人(2016年7月現在)
本社社屋 鉄筋コンクリート地下1階、地上6階
機構 経営企画室、論説委員会
総務局(総務部、人事労務部)、経理局(経理部)
編集制作本部 編集局(整理部、報道部、地域情報部、文化部、庶務部、校閲部)、電算編制局(電算部、工程管理部)、メディア委員会
営業統括本部 広告局(営業部、広告管理部、企画推進部)、販売局(販売部、読者センター)、事業局(事業部、出版部)、12支社、16支局
ふくしまの今を伝え明日をみつめる福島民友

福島民友の歩み

「県民の友でありたい」

 福島民友新聞は1895(明治28)年5月20日、福島市で創刊されました。 創刊の中心になったのは、自由民権運動の指導者として活躍していた河野広中(こうの・ひろなか)でした。 自由の心を伝えていく「県民の友」でありたい、との願いが「民友」の2文字には込められています。 創刊以来、県民とともにふる里を見つめ続けて一世紀余り、2015(平成27)年には創刊120周年を迎えます。福島民友新聞は今も、「県民の友」として創刊の心を脈々と伝えています。

明治15年

自由民権運動の指導者・河野広中らが「自由は人の天性なり。自由を守るは人の道なり」と宣言して福島自由新聞を発刊。しかし、官憲の弾圧を受けて、わずか7号で廃刊に追い込まれました。

河野広中の写真

河野 広中

1849年(嘉永2年)~ 1923年(大正12年)。福島県三春町生まれ。福島県の生んだ代表的政治家で、自由民権運動の先駆的指導者として活躍。その後、衆院議長などを務めた。

明治28年

福島民友新聞の前身となる「福島実業新聞」が5月20日創刊。その後、東北実業新聞、福島日報、岩磐新聞、東北民の題字に改題しながら号数を引き継ぎ、福島民友新聞につながっていきます。

明治32年

初めて福島民友新聞の題字で発刊。「福島実業新聞」からの号数を引き継いでいることから、明治28年5月20日をもって福島民友新聞の創刊としています。
ちなみに、福島民友新聞の題字で発行された11月25日付けの本紙発行所感は、「吾等は自由を愛す、天賦の権利を愛す、人類の本能を愛する也」とうたっています。

大正元年

本紙5000号に到達、記念号32ページを発行。
明治から大正へ、福島民友新聞は県民の圧倒的な支持を受けて歩みました。

大正11年

夕刊発行を開始(4ページ構成)。

昭和 2年

本紙1万号。

昭和16年

日本は急速に軍国化の道を進むようになります。福島民友新聞はこれにも反対の論陣を張りましたが、報道統制の一県一紙政策で、昭和16年元日号を出したまま休刊に追い込まれました。 <休刊>

昭和21年

福島民友新聞が復刊したのは、2月20日。「われらは言論の中央集権を排撃し、言論の地方分権を主張する。われらはあくまで地方新聞の特色を生かし、200万県民の文化水準の向上と生活の改善に努め、郷土新聞としての使命達成を誓う」と宣言しての復刊でした。

昭和23年

読売新聞社と提携。自社印刷工場を建設。

昭和34年

本紙2万号。

昭和40年

創刊70周年。「福島博覧会」を開催。

昭和46年

福島市中町に5階建て新社屋完成。

昭和57年

鉛の活字を使わない電算写植に移行する。

昭和60年

創刊90周年。
「ウソほんと?言い伝えのクリニック」でアップジョン賞特別賞を受賞。翌年「がんとの闘い」でもアップジョン賞を連続受賞。

昭和61年

福島市柳町に6階建ての新社屋完成。
コンピューターを使用した編集システム、ハイテク輪転機を駆使した新聞づくりを始める。カラー印刷を開始する。

昭和62年

本紙3万号。

平成 2年

創刊95周年。「みんゆう県民大賞」を創設。

平成 7年

創刊100周年。
高速度オフセット、カラートップ輪転機を導入し、最大32ページ・カラー12個面の紙面に。また、財団法人福島民友愛の事業団を設立する。

平成 9年

「福島民友」の題字を横組み、カラーにする。

平成13年

本紙3万5千号。
民友環境基金・みんゆう環境賞を創設する。「シリーズいのちの輪」でファルマシア(旧アップジョン)医学記事賞を受賞。

民友の誓い

 福島民友新聞は
 公正で品格ある報道、自由で責任ある言論により読者の信頼にこたえる。
 人間尊重を第一に、正確な情報を迅速に分かりやすく伝える。
 県民の友として生活・文化の向上を追求する。 

(平成13年1月制定)

平成16年

最新鋭の超高速輪転機を備えた郡山新工場で印刷開始。最大40ページ・カラー16個面の新聞印刷が可能に。「食ふくしま新ふーど記」で農業ジャーナリスト賞。

平成17年

創刊110周年。「医者が足りない!」でファイザー医学記事賞。

平成18年

「ふくしま虫の目探検」で東北写真記者協会賞。

平成19年

「福島遺産・百選」を県民・読者と選定。

平成21年

「地球に優しく、子どもたちに愛を。ふくしまエコキャップ運動」を開始。「ふくしま里山物語」で東北写真記者協会賞を受賞。

平成27年

創刊120周年

平成28年

昭和21年の復刊から70周年。 連載記事「復興の道標~ふくしまの今を問う」で復興支援坂田ジャーナリズム賞。