好評の本紙連載「維新再考」が一冊に 22日発売

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
維新再考 「官軍」の虚と「賊軍」の義

 戊辰戦争の勃発から150年の節目の年に当たり、福島民友新聞社は好評の長期連載企画「維新再考」を一冊の本にまとめました。

 連載は、新政府と対峙(たいじ)し奥羽越列藩同盟をつくった東北、福島の視点から明治維新と薩長史観を問い直すことを基本に、作家の半藤一利さん、中村彰彦さんらのインタビューや、京都など県内外のゆかりの地を巡り歴史をひもとく紀行などを、昨年5月から毎週月曜日に掲載しています。

 販売は22日からで、定価1500円(税別)。お求めは最寄りの書店、福島民友新聞社の本社・支社支局、福島民友新聞取り扱い販売店で。

 問い合わせは福島民友新聞社編集局出版部(電話024・523・1638、平日午前10時~午後5時)へ。

「維新再考」チラシはこちら