トナカイの常食と被ばく

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 約30年前のチェルノブイリ原発事故後、放出された放射性物質はスカンジナビア半島にも到達し、北欧のノルウェーやスウェーデンも放射能汚染の被害を受けました。

 そこに以前から住んでいる、サーミという民族は、コケを食べるために汚染されやすいトナカイを常食としていました。彼らの主要なタンパク質の供給源だったのです。

 汚染されやすい食品を常食とするため、セシウムによる内部被ばくが高く、体内のセシウムは、現在の県内で、未検査の強く汚染された食品を継続的に摂取するような場合に計測される「最大値」の数倍が、彼らの「平均値」であることもざらにあったことが報告されています。

 チェルノブイリとは汚染の程度も全く違いますが、全ての食品が均一に汚染されるわけではなく、汚染されやすい特定の食品があります。われわれが常食とする米が、そのような汚染されやすい食品ではなかったことは幸いでした。