セシウムから存在量推計

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 内部被ばくの主な原因は汚染された食品の摂取です。汚染を防ぐために、食品の基準値「セシウムで1キロ当たり100ベクレル」が設定されています。「セシウムで」と書かれていますが、この基準値は、計測にやや手間のかかるストロンチウムなど他の放射性物質の影響を考えない、ということではありません。

 現在存在している放射性物質のうち、われわれの身体に入ってしまうかもしれない放射性物質の圧倒的大部分はセシウムですが、他の放射性物質に関しては、セシウムに比べてどの程度の「割合」で存在するかが分かっています。

 例えばストロンチウムはセシウムの約千分の1の存在量です。

 このセシウムの食品基準値は、その割合を用いて他の放射性物質の影響も計算し、セシウム以外の放射性物質をひっくるめても、年間で人体への影響が1ミリシーベルト以下になるように設定されています。