DNA損傷、放射線以外も

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 私たちの身体をつくる、それぞれの細胞の中には、生きていくために必要な情報が記載された設計図が備わっています。そしてその設計図の原本のことをDNA(ディーエヌエー)と呼びました。

 DNAは簡単に壊されたり一部が無くなったりする訳にはいきません。にもかかわらず、実はこのDNA、一日一つの細胞あたり1万回から100万回という膨大な回数、さまざまな原因によって傷がつき、その度に修復を担当する物質が毎日繰り返し働いています。

 DNAは放射線によっても傷つきますが、それ以外にも食品の中の発がん物質や、たばこ、化学物質、ストレスなどからも生じる活性酸素によっても傷つけられています。

 このように非常に多くのことがDNAに傷をつける原因となるため、低線量被ばくによって引き起こされるDNAの傷害は、われわれが日常生活を営む上で引き起こされている傷害に比べて圧倒的にその数が少ないことが知られています。