電子の数で放射線を測定

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 放射線被ばくの身体への影響はその浴びた「量」の問題です。放射線や放射能がどれくらいあるかを調べるために、さまざまな測定器が存在します。

 放射線はその通り道にある物質にぶつかりながら進んでいきます。その通り道の物質と衝突する際、物質の中にある電子をはじき飛ばすことがあります(これを電離と呼びます)。このはじき飛ばした電子がいくらかを調べることで放射線を測定しているのがガイガー・ミューラー計数管、いわゆるガイガーカウンターです。

 安定なガスで満たされた測定器の中を放射線が通過すると、そのガスと放射線が衝突します。すると電子がはじき飛ばされます(電離がおこります)。計測器の中にはプラス(+)とマイナス(-)の電極が内蔵されており、はじかれた電子はマイナス(-)なので、プラス(+)極側に電子が流れていきます。その電子の流れた数から放射線がどれだけ飛んできているかを調べるのです。

 ガイガーカウンターは衣服や体の表面に放射性物質が付いているかどうかを調べる時によく使われる測定器です。