シーベルト人のための値

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 ベクレル、シーベルト、レントゲンなど、放射線にはさまざまなカタカナ文字が登場します。その多くは放射線に関わる研究で功績を残した科学者たちの名前です。

 シーベルトは放射線による人体への影響の大きさの単位です。人間のための値のため、「人」が主語になります。この食べ物を食べると人への影響は「○○シーベルト」。この空間線量の場所にいると人への影響は「○○シーベルト」といった具合です。

 スウェーデンの物理学者であるロルフ・マキシミリアン・シーベルトは、放射線が人体に与える影響に関する研究で知られ、特に放射線防護について大きな功績を残しました。放射線の人体影響を大まかに見積もることで、今後の対策を立てたり、さまざまある健康リスクと放射線を比較したりするための物差しとして、シーベルトの名が使われているのです。

 旧ソ連が、発生直後に公表しなかったチェルノブイリ原発事故に気付き、世界にいち早く知らせる役割を果たしたスウェーデンの放射線観測網を作った立役者でもあります。