独自政策で人口減に歯止め 川内・2016年6月解除

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「いわなの郷」再開発に向けて成果を探った冬キャンプ

 川内村では、震災前からの傾向に拍車が掛かった人口減少と少子高齢化が課題となる。危機感を持つ村は村民の意見を集約して将来ビジョンをつくり、交流人口の拡大や子育て環境の充実、産業振興などの総合的な対策に乗り出す構えだ。

 村によると、昨年10月時点で1850人が村内で生活。このうち65歳以上は745人で、高齢者率は4割に達した。年齢別の意向調査では、10~20代の6割超、30代の5割が「村外に住みたい」と答え、若年層と子育て世代の帰還意欲を高められるかが問われている。

 このため村は、交流人口の拡大を重点施策の一つに据え、川内の魅力を発信し、定住を促進したい考えだ。

 新年度は通年利用のキャンプ場の新設など観光交流拠点「いわなの郷」の再開発に着手。2回目のマラソン大会や、ひとり親世帯の移住促進、小中一貫教育の導入など独自政策の磨き上げにも力を入れる。