現職・加納氏4選出馬表明 石川町長選、元県議・塩田氏と選挙戦へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い8月28日告示、9月2日投票で行われる石川町長選で、無所属で現職の加納武夫氏(80)=3期=が22日、4選を目指して立候補する考えを表明した。町長選を巡っては、無所属の新人で元県議の塩田金次郎氏(70)が立候補を表明しており、選挙戦が確実な情勢となった。

 町内で開いた後援会の会合で出馬要請を受けた加納氏は「人口減少に歯止めをかけることが課題。皆さんと共に将来を担う子どもたちの道しるべを示したい」と決意を述べた。

 加納氏は島根県雲南市出身。島根県立大東高卒。会社役員などを経て2006(平成18)年の町長選で初当選した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ