ふくしま美酒探訪

 全国新酒鑑評会で全国最多の24銘柄が金賞に輝き、3年連続で日本一の座に就いた2015年の福島県酒造界。空前の和食ブームとなった海外でも、国際コンクールで高い評価を得るなど、福島県の日本酒の質の高さがあらためて示された。「酒どころふくしま」の蔵元は、福島県復興の先頭を走るように元気がいい。県内各地でその土地の風土に育まれてきた各蔵元は近年、生き残りを懸けて新たなブランドづくりと競争力アップに励んでいる。伝統の味に磨きを掛ける蔵元もあれば、多彩な銘柄でファン層の拡大を狙う蔵元もある。それぞれの酒造蔵を訪ね、豊かな味わいと香りで心地よい酔いへといざなう福島県産美酒の魅力を探る。

発酵を平均化させるための作業「かい入れ」に取り組む杜氏の斎藤さん=喜多方市・会津錦

【 会津錦 】 「こでらんに」鍵は飯米<喜多方市>

 「こでらんに」「さすけね」「なじょすんべ」。会津錦(喜多方市)の代表銘柄はいずれも会津で聞き慣れた・・・[続きを読む]