坪倉先生の放射線教室

 原発事故後、本県の医療支援に入り内部被ばく検査を続けている坪倉正治医師(33)=東大医科学研究所、南相馬市立総合病院などに勤務=が、放射線を正しく、分かりやすく理解できるよう、イラストを交えて解説します。

民友セレクション