健康・医療

坪倉先生の放射線教室 一覧へ

 原発事故後、本県の医療支援に入り内部被ばく検査を続けている坪倉正治医師(33)=東大医科学研究所、南相馬市立総合病院などに勤務=が、放射線を正しく、分かりやすく理解できるよう、イラストを交えて解説します。

アーカイブ

感染症に備える ワクチンの効用

 福島民友新聞にて2011年6月3日まで掲載

がんと向き合う

 福島民友新聞にて2010年9月16日まで掲載

家庭でできる応急処置

 福島民友新聞にて2009年3月19日まで掲載

女性の健康と赤ちゃん

 福島民友新聞にて2008年3月21日まで掲載

あなたは大丈夫? 生活習慣病

 福島民友新聞にて2007年3月15日まで掲載