新人・鴇田芳文氏が立候補を正式表明 新地町長選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 8月21日告示、同26日投票で行われる新地町長選に、新人で元町職員の鴇田(ときた)芳文氏(64)が24日、同町で記者会見し、立候補を正式に表明した。

 鴇田氏は雇用拡大、高齢化対応、子育ての三つを重点に挙げ「地域の人が積極的に地域活動に参加できるよう支援を行い、にぎわいをつくりたい」と述べた。

 鴇田氏は新地町出身。相馬高、国土建設学院卒。新地町教育総務課長、企画振興課長、復興推進課長などを歴任した。

 町長選を巡っては、現職の加藤憲郎氏(71)=4期=は6月町議会で進退を明らかにするとみられる。