金子恵美衆院議員「立民会派」入り表明 入党せず無所属で活動

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
連合福島の執行委員会で立民会派入りを表明する金子氏

 衆院会派「無所属の会」の金子恵美衆院議員(福島1区)は8日、立憲民主党会派に加わる意思を正式表明した。入党はせず、無所属のまま活動する。

 金子氏は、福島市で開かれた連合福島執行委員会で「(野党は)安倍1強の政権と対抗する力を付ける必要がある」と野党勢力の結集の必要性を強調。「県民の代弁者として活動する場を確保するため(無所属の会の)方針に基づき立民会派入りを決意した」と理解を求めた。

 立民に入党しない理由について金子氏は会合後、報道陣に「国会で会派は共にするが、今までと同じ無所属で活動を続け、さらに大きな(野党)勢力をつくる努力をしていきたい」と説明した。

 連合福島の今野泰会長は執行委員会で「中央では野党共闘の動きがある。会派入りを否定する立場ではない」と金子氏の判断に理解を示した。

 「野党の結集に努力」 金子議員来社

 金子恵美衆院議員は8日、福島民友新聞社を訪れ、立憲民主党会派への合流について「多くの方々の叱咤(しった)激励を真摯(しんし)に受け止め、野党をまとめることに努力したい」と語った。