野田佳彦前首相が新会派 7人で結成、幹事長に玄葉光一郎氏内定

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 立憲民主党会派入りを見送った衆院会派「無所属の会」の野田佳彦前首相が16日、国会内で記者会見し、自身や玄葉光一郎元外相(衆院福島3区)ら計7人で衆院会派を結成したと表明した。代表は野田氏。無所属の会を名称変更し、新会派名は「社会保障を立て直す国民会議」とした。玄葉氏は幹事長に就任することが内定している。

 会見には会派に参加した無所属の重徳和彦氏も同席した。重徳氏のほか、無所属の会の広田一、本村賢太郎両氏、会派に所属していなかった中島克仁、井出庸生両氏も加わった。

 岡田克也元外相、金子恵美衆院議員(福島1区)ら9人は無所属の会を離脱し、立民会派入りし、会派名を「立憲民主党・無所属フォーラム」に変更した。