新市議・町議に「当選証書」 相馬市、新地町で誓いを新た

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
田中委員長から証書を受けるトップ当選の荒秀一さん(左)=相馬市

 【相馬市】相馬市議選の当選者への当選証書付与式は16日、市役所で行われ、新市議20人が市の再興と発展に向けて誓いを新たにした。任期は20日から4年。

 田中孝治市選挙管理委員長が得票順に当選証書を手渡し「4年間復興はもとより、多くの課題解決と市政発展のため手腕を発揮してほしい」とあいさつ。立谷秀清市長が「復興はまだ道半ば。4年間職務に精励してほしい」と祝辞を述べた。

 【新地町】新地町議選の当選者12人への当選証書付与式は16日、町役場で行われた。任期は20日から4年。

 岡田博町選挙管理委員長が得票順に当選証書を手渡し「町民を代表し、新地町の発展のため活躍を願う」とあいさつ。加藤憲郎町長が「新地町の新たな未来に向かって一緒に歩みを進めていきたい」と話した。