菊池塙町長が退任 3期12年・町政を担う、町民らねぎらう

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
町職員らに見送られ退庁する菊池町長(左)

 塙町の菊池基文町長(70)は14日、任期満了に伴い退任した。退任式は同日、同町の塙農村勤労福祉会館で行われ、3期12年にわたり町政を担った菊池町長を町職員や町民がねぎらった。

 町職員共助会、町観光協会が菊池町長に記念の花束を贈った。大縄武夫町議会議長が「周囲の人への思いやりが多くの町民を引きつけた」とあいさつ。菊池町長は町職員や町民への感謝を伝え「ぬくもりある町政をお願いします」と町職員を激励した。

 菊池町長は同町出身。東白川農商(現修明)高卒。町職員を経て2004(平成16)年の町長選で初当選した。県町村会副会長を務めた。

 町長選で初当選した宮田秀利氏(66)は15日、初登庁する。