1票差で落選、再点検を求める いわき市議選で次点の岩井氏

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴ういわき市議選で、1票差の次点で落選した岩井孝治氏(60)は13日、同市選管に投票の確認、票の再点検を求める異議申し立てを行った。同市選管は16日に会合を開き、申し立ての受理を含めた対応を協議する。

 11日に投開票された同市議選は定数37に対し42人が立候補し、岩井氏は2221票で最下位当選の2222票に1票差だった。公選法では、選挙の効力に関する不服がある場合、14日以内に市選管に異議を申し出ることができる。