「郡山市長選」16日投票 確定は17日午前1時30分ごろ見込み

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴う郡山市長選は16日、投開票が行われる。いずれも無所属で、再選を目指す現職の品川萬里候補(72)=1期=と、新人で前市議の浜津和子候補(63)は選挙戦最終日の15日、市中心部などで最後の遊説を繰り広げ、7日間の選挙戦を締めくくった。

 投票は16日午前7時~午後8時、市内149カ所で行われる。開票は午後9時30分から、郡山総合体育館で行われ、選管確定は17日午前1時30分ごろの見込み。有権者数は8日現在で27万3476人(男性13万3529人、女性13万9947人)。

 品川候補「友情と連帯広がった」

 品川候補は、地元の富久山町から遊説を始めて旧市内や安積町を中心に選挙カーを走らせ、市民に支持を求めた。

 遊説を終え桜木の選挙事務所駐車場での打ち上げ式に臨み、「新しい友情と連帯の輪が広がったことに感動している」と感謝の言葉を述べた。さらに「運動を通じてもっと市民の声に耳を傾け、政策に生かさなくてはならないという思いを深くした。もう一度(市長として)働く機会を与えてほしい」と訴えた。

 新城義雄連合後援会長代行、結城政美県農業者政治連盟郡山市支部長、安藤和彦郡山地区連合議長らが激励。最後に深谷昇選対本部長が総括し、選挙戦を締めくくった。

 浜津候補、「人づくり」基本に訴え

 浜津候補は、地元の田村町から遊説をスタート。郊外を巡った後、夕方に旧市内に入り、最後の「お願い」コールを連呼、支持を呼び掛けた。

 遊説を終えて長者の選挙事務所での打ち上げ式に臨み、「人づくりを基本に据えて訴えてきたが、選挙戦を通じて人の和を感じた。たくさんの人の支援が血となり肉となった。本当に感謝したい」と述べた。浜津候補は「いい結果を報告したい」と舌戦を締めくくり、詰めかけた支援者一人一人と握手を交わした。

 高橋隆夫選対本部長、高橋淑雄後援会長、原正夫前郡山市長が激励し、最後は参加者全員で「ガンバローコール」を響かせ、必勝を誓った

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

渡部恒三氏「二大政党は応援」 恒三節健在!野党再編冷静分析