いわき市長選、民進党は自主投票 福島5区総支部が幹事会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 民進党福島5区総支部は13日、いわき市で幹事会を開き、任期満了に伴い9月3日告示、同10日投票で行われる市長選について自主投票とすることを決めた。

 総支部は、市長選に立候補を表明している現職の清水敏男氏(53)=1期、新人で元衆院議員の宇佐美登氏(50)の2人から推薦願を受けていたが、いずれも推薦しないことを決定した。

 幹事会に続き、次期衆院選の候補者を選ぶ選考委員会も開いた。

 総支部は党公認候補者の擁立に向け、当初は女性を軸に人選していたが、男女問わずに検討を続けていくことなどを確認した。

 県内の小選挙区で民進党が候補者の擁立を終えていないのは福島5区のみ。