いわき市長選、共産など「自主投票」 政策などアンケートへ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い9月3日告示、同10日投票で行われるいわき市長選で、共産党いわき・双葉地区委員会などで構成する「清潔・公正・市民本位の市政をつくる会」は18日、候補者擁立を断念し、自主投票とすることを明らかにした。候補者の選考作業を続けていたが、人選に至らなかった。

 同会は、現時点で立候補を表明している現職の清水敏男氏(53)=1期、新人で元衆院議員の宇佐美登氏(50)、前市長の渡辺敬夫氏(71)の3人に対し政策や政治姿勢などに関するアンケートを行い、自主投票の判断材料にする。