県議・桜田氏が立候補表明 「福島市長選」現新三つどもえ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴い11月12日告示、同19日投票で行われる福島市長選で、同市選出の県議桜田葉子氏(59)=自民、4期=は26日、同市で開いた後援会拡大役員会で無所属で立候補することを表明した。28日に県議会に辞表を提出する。

 桜田氏は「市民一人一人と未来を担う子どもたちが自信と誇りを持ち、心豊かに生活できることを実感できる福島市を実現し、命のリレーを笑顔で育める福島市を目指す」と述べた。

 桜田氏は福島市出身。国立音大卒。2003(平成15)年の県議選で初当選し、4期目。県議会議会運営委員長、同総務委員長、同商労文教委員長などを歴任。現在は自民党県連女性局長、党福島市総支部長などを務める。

 党の役職についても議員辞職に合わせて28日に辞表を提出する方針。

 市長選を巡っては、現職の小林香氏(58)=1期、無所属=と、新人で前復興庁福島復興局長の木幡浩氏(56)が立候補を表明しており、桜田氏の立候補で三つどもえの選挙戦となる構図がほぼ固まった。