「いわき市長選」立候補...3陣営受け付け 手続き済ませ街頭へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
いわき市役所で立候補手続きをする陣営の代表者ら

 いわき市長選の立候補届け出受け付けは3日午前8時30分から、いわき市役所で行われ、立候補した3陣営が顔をそろえた。

 会場に到着した各陣営の代表者は、くじを引く順番を決める「予備くじ」と「本くじ」に臨み、届け出順が決定。各陣営は必要な書類を提出し、手続きを済ませると、足早に第一声の場所などに向かった。

 有権者「リーダーシップ期待」

 市民はさまざまな思いを抱え、市長選の各候補者たちの訴えに耳を傾ける。

 いわき市の女性(49)は「避難者も大事だが、いわき市民のことを大切に考えてくれる人、リーダーシップを発揮できる力のある人を選びたい」と選択のポイントを語る。

 同市の50代男性は「子どもやお年寄りを考える市政運営ができる人にリーダーになってほしい。市民のために役に立つ候補者に投票したい」と話した。

 同市の幼稚園教諭の女性(21)は子どもたちが明るく元気に暮らせる市政を望む。「子育て世代が安心して仕事と家庭を両立できる生活基盤を整えてほしい」と語った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区