【いわき市長選・世論調査】支持政党 「支持なし」が5割を超える

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島民友新聞社が実施したいわき市長選の世論調査では、有権者が答えた支持政党は自民党の30%を最高に、民進党が6%、公明党4%、共産党2%、社民党1%となった。一方、支持政党なしは5割を超えた。

 男女別では、自民支持は男性が34%、女性は25%と差がついた。民進への支持は男性5%、女性6%だった。支持政党なしの無党派層は、男女とも51%。

 年代別では、自民が30代と記録のなかった10代を除く全世代でトップ。ただ、30%を超えたのは60、70代のみで、ほかの年代は2割弱にとどまった。30代は公明が13%で高かった。民進は全ての世代で10%を超えず、伸び悩んだ。

 ◆「市長選への関心ある」79%

 いわき市長選への関心について「大いに関心がある」と答えた人は38%で「多少は関心がある」41%と合わせて79%となった。年代別に見ると60代は83%、70歳以上は86%と60歳以上が高かった。

 一方、20代は「あまり関心がない」「全く関心がない」とした人は合わせて57%に上った。「投票(期日前投票も含む)に行くか」の問いには「必ず」67%、「なるべく行く」26%で、合わせて93%になった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区